高い換金率の裏側に隠された盲点をご紹介しています。

クレジットカード現金化業者のイメージ画像

換金率の見方

本記事では、クレジットカード現金化業者が公式ホームページ等で公開している換金率の見方についてご紹介します。

 

換金率を見る際のポイント

 

それでは、クレジットカード現金化業者が提示している換金率を見る際の重要なポイントを2つご紹介します。

 

初回から最大換金率が適用されるワケではない

換金率の適用条件

1つ目のポイントは、初めて現金化業者を利用する際に、いきなりその業者の最大換金率が適用されるケースは稀であるという点です。

 

現金化業者の公式ホームページを開いて見ると、どのホームページからも真っ先に「最大98%換金!」といった非常に高い換金率が目に飛び込んできます。しかし、こうした形で挙げられている換金率はあくまでも、その現金化業者を利用した場合に適用される「最大」換金率である、という点を忘れてはいけません。

 

現金化業者を利用した際に適用される換金率は、「利用するショッピング枠の金額」と「その現金化業者における利用実績」の2つの影響を受けます。つまり、何度も同じ現金化業者を利用しており、かつ現金化を申請したショッピング枠が一定以上の金額であれば、98%前後という非常に高い換金率が適用されるケースもあり得ます。

 

その一方で、現金化業者が初回利用者に適用する換金率は80%前後といったケースが一般的です。初めてクレジットカード現金化を利用する方は、最大換金率の数値に惑わされ過ぎない様にしましょう。

 

別途「手数料」が発生する

クレジットカード現金化の手数料を計算している様子

2つ目のポイントは、現金化業者から指定口座に現金を振り込んでもらう際には「手数料」が発生するという点です。

 

この「手数料」は現金化業者にとってメインの収入源であると同時に、クレジットカード現金化を利用する際のトラブルの原因になる事の多い存在でもあります。優良な現金化業者であれば事前見積もりの段階でいくら手数料が発生するのかを知らせてくれますが、悪質な現金化業者を利用した場合、手数料の存在に言及しないまま手続きを完了させられた上に振り込み額の30パーセント近くの手数料を要求してくるケースも存在するのです。

 

この「手数料」の存在により、クレジットカード現金化業者を利用した際の実質的な換金率は60~80%程度に落ち着くケースが大半を占めています。
勿論、優良業者の中には手数料が安い所もあるので、事前見積もりの段階でいくら手数料がかかるのかをしっかりと確認することをおススメします。

 

高換金率で現金化するコツ

 

クレジットカード現金化業者を利用した際に出来る限り「実質」換金率を適用してもらうには、次の要件を満たすことが重要です。

 

  • 同じ現金化業者に繰り返し申し込むことで利用実績を積み上げる
  • 事前見積もりを活用して手数料の安い現金化業者を見つける

 

まとめ

 

クレジットカード現金化業者が提示する換金率を見る際には、「必ずしも最大換金率が適用されるとは限らない」「実質的な換金額は、現金化業者が提示している換金率から手数料を差し引いたものとなる」の2点をしっかりと押さえておくことが重要です。