消費者金融からお金を借りる際に発生する、総量規制という制度について

クレジットカード現金化業者のイメージ画像

総量規制とは

総量規制を超えてさらなる借り入れができない人

「総量規制」とは、貸金業者の利用者が新しくお金を借りようとしたときに、すでに自身の年収の1/3を超えてお金を借りている人は、追加でお金を借りられないという規制です。

 

平成22年6月に施行された「貸金業法」に総量規制の内容が記載されています。
当時多発していた多重債務者の発生を問題視した政府が、消費者による借りすぎを防止するための制限として有効的な活躍が期待されていました。

 

貸金業者ってどのような人たち?

総量規制の対象となる貸金業者は「消費者金融」もしくは「クレジットカード会社」などとされています。
銀行や信用金庫も貸し付け業務を行っていますが、貸金業者には含まれません。特に銀行においては貸金業法ではなく、銀行法が適用されているなどの理由があります。

 

Q&Aで判りやすい総量規制の仕組み

総量規制はいつ適用されるの?

総量規制は私たちが貸金業者を利用して新しく借り入れを行う際に適用されます。
しかし、住宅ローンや自動車ローンなど「低金利で長期的な借り入れ」を行う場合の貸金業に対しては借入残高として計上されないです。
総量規制の対象外に当たるという例外も覚えておきましょう。

 

1/3を超えてしまった場合、罰則があるって本当?

総量規制に関する疑問を抱く男性

年収の1/3を超えた額を借り入れてしまった事実に後から気づいても、法律的な罰則はありません。
しかし、そのような状態で更に貸金業者を利用しようとしても、真っ当な業務を営んでいる貸金業者から「新たな借り入れを行えない」という制限が生まれるだけとされています。

 

なので、総量規制に際して借り手が刑罰を科される自体はありません。
しかし、総量規制を超えてしまった借り入れは多重債務に陥りやすいとされていますので、まずは借り入れを行う際に計画したプランを誠実に実行した返済を行いましょう。

 

複数の業者からの借り入れはどうなるの?

お金を借りている人の中には、複数の金融機関から少しずつ借りているケースも考えられます。
基本的に貸金業法に業者の区別はありません。そのような場合は「借り入れたお金の合計額」に総量規制が適用されます。
つまり、年収600万円の人が3つの貸金業者から合計200万円借り入れを行っている場合は、新たに借り入れを行えません。

 

どうして年収の1/3を超えるってわかるの?

「複数の貸金業者を利用したのに総量規制の対象だとわかるの?」と言う疑問はよく見受けられる意見です。
実は、貸金業者からお金を借りた事実は「信用情報機関」という組織に集約されます。
どの貸金業者を利用しても情報自体は大きい組織に集められるので、基本的には適用対象から漏れ出てしまうことはありません。

 

総量規制は私たちを守るための制限である

定収入者が多くのお金を借りたい場合において、総量規制は足枷のように感じるかもしれません。
しかし、その最大の目的は多発した多重債務者をこれ以上排出しないための救済措置とされています。
借り手に刑罰を科す罰則ではありませんが、私たちを守るための制限だと言う意識を持ちながら付き合う心構えが大切なのではないでしょうか。